暮らしの中のごみと3R

暮らしの中のごみについて知ろう

わたしたちの暮らしとごみ

わたしたちは、毎日の暮らしの中で何気なくごみを出しています。

商品を包んでいるビニール袋、飲み物が入ったペットボトル、魚や肉などの食品をのせるトレイなど、家の中から出るごみはさまざまです。

気がつくと、家のごみ箱がごみでいっぱいになっていた・・・ということはありませんか?

分別

出したごみはどうなるの?

ごみ集積所に出されたごみは、市町村の清掃センターで燃やして、燃え残った灰は、最終処分場に埋め立てられます。でも、埋め立てられる量には限りがあるので、なるべく燃やすごみの量を減らす必要があります。

清掃センター

ごみを減らして地球温暖化対策に取り組もう!

ごみをいっぱい出すと、そのごみを燃やす時にたくさんの二酸化炭素がでてしまいます。だから、“もったいない”の気持ちで、今あるものを大切にして、なるべくごみを出さないようにすることも、地球温暖化対策につながります。

みなさんこんにちは!岩手県3Rすいしんキャラクターのエコロルです。
岩手県のみんなに3Rを広めるために毎日飛び回っています。みんなは3R(スリーアール)という言葉をきいたことがあるかな?

キャラクター

ごみをへらそう!
~合言葉は3R~

3Rってなぁに?

ごみを減らすために、毎日の生活の中で3Rに取り組みましょう。

3R
Reduce

ごみをへらす

  • 買い物にはマイバッグを持って行く
  • ごはんは残さず食べる
  • 必要のない包装は断る

など

キャラクター
Reuse

くり返し使う

  • つめかえ商品を選ぶ
  • こわれたものは修理して使う
  • いらなくなったものは必要な人にゆずる

など

キャラクター
Recycle

資源として再利用する

  • ごみはきちんと分別する
  • 古紙は地域の集団回収に出す
  • スーパーの店頭回収に協力する

など

キャラクター

できることからはじめよう!

これならできそうだなということからはじめてみましょう。
ひとりひとりが行動することが大切です。

Reduce

「食品ロス」とは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食べ物のことです。日本の食品ロスは、年間約646万トンあります。この量は、国民全員が毎日お茶わん1杯分の食べ物を捨てている計算になります。ごはんは自分の食べきれる量を、残さず食べましょう!

食品ロス
Reuse

背が伸びて着れなくなった服や、はけなくなったくつは、兄弟・姉妹やお友だちにあげてもう一度使ってもらいましょう。また、自分ではいらなくなったものは、フリーマーケットやリサイクルショップを利用して、必要な人にゆずりましょう。

おさがり
Recycle

「混ぜればごみ 分ければ資源」という言葉があります。ペットボトル、空き缶、段ボール、新聞などリサイクルできるものも、分別をしなければごみになってしまいます。リサイクルで新しい製品に生まれ変わるように、しっかり分別しましょう。

分別