「COOLBIZ」×「キュウリビズ」~東北のキュウリで、夏を涼しく。~

トピックス温暖化情報

環境省では、温暖化対策の取組「COOL BIZ(クールビズ)」において、旬な夏野菜を食べることを推奨しています。


 「キュウリビズ」は、東北6県(青森、秋田、岩手、福島、宮城、山形)のJA全農の統一キャンペーンで、平成20年にスタートし、今年で11回目を迎えます。
 「クールビズ」から着想されたキュウリビズは、体を冷やす効果があるというキュウリを食べて夏の暑さを乗り切ろう、というキャンペーンです。
 7~9月に東京都中央卸売市場大田市場に入荷するキュウリは、東北6県が占有率No.1で、特に8月は9割以上を占めるほどです。

 7月19日(毎月19日は「いいキュウリの日」)には、キュウリビズのオープニングセレモニーが大田市場で開催されました。
 東北6県のJA全農の代表者や各県のキャンペーンレディ達が集結し、市場関係者に試食を振る舞いました。
 今回のオープニングセレモニーを皮切りに、電車の中吊り広告やスーパーなど量販店での販促活動などが予定されています。

 夏が旬のキュウリは、涼を取るのにぴったりの野菜です。
 熱中症対策や過度な冷房の使用を抑える温暖化対策にも繋がります。
 ぜひこの夏は、岩手などの東北の美味しいキュウリで暑さを乗り切りましょう!

※詳細はこちら(環境省「クールビズ」専用サイト)
 ⇒https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/coolbiz/article/2018_action_detail_004.html